月別: 2014年2月

夜の国のクーパー 井塚章文の本棚

夜の国のクーパー

伊坂幸太郎は不思議な作家だと思っていた。何がいいのかよくわからないのだが妙に魅力的なのだ。その謎がやっとわかった気がする。「あとがき」を読んで驚いた。大江健三郎のファンだったようだ。そういえば文体が・・・。不可能と思われる設定をしながら説得力がある。力技だ。大江作品の妙に違和感があるのに面白い、あの…
謎の独立国家ソマリランド 井塚章文の本棚

謎の独立国家ソマリランド

高野秀行が面白い。4冊読んだがどれも面白かった。「アジア未知動物紀行」「間違う力」「未来国家ブータン」とここまではタイトルからして際物である。そして今回読んだのが「謎の独立国家ソマリランド」。堂々の500p超え、本気度が違う。第35回(2013年)講談社ノンフィクション賞受賞作である。 刊行は今年だ…
未来国家ブータン 井塚章文の本棚

未来国家ブータン

高野秀行の「アジア未知動物紀行」の感想を「紀行文学の傑作だといっていい」と書いた。本書はさらにいい。ないしろ「ブータン政府公認プロジェクトで雪男探し」なのだ。「伝統的知識」と呼ばれる例えば伝承された薬草に新薬開発の成分となる可能性があったりすることの調査が建前なのだがブータン奥地に雪男を探すのが本当…