すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

書物の変―グーグルベルグの時代

港千尋の著作を読んだのはサントリー学芸賞受賞の「記憶」以来だとすると14年ぶりになるらしい。今回はタイトルにひかれてなのだが内容は芸術関係が多くその点ではがっかりだった。とはいえイメージを喚起する筆力はさすがである。タイトルに即した内容としては活字の復権というか今だからこそ意味するのも少部数の芸術作品としての書物という情報化時代で逆に失われる物理的存在としての書物の意味とでもいえる価値が印象に残った。