すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

数になりたかった皇帝――漢字と数の物語

めずらしい本だ。漢数字がテーマの雑学集である。雑学と書いたが著者の職業は編集者でありその職業に必要と思われる教養という意味での雑学で特に漢和辞典の編纂や漢字に関しての著者があるということで中国古典に詳しいと思われる。中国文学者には優れたエッセイストが多いが著者もそのひとりなのだろう。ちなみにタイトルは始皇帝のことである。学校で暗記させられるからなんの疑問も抱かないが始皇帝は他の王が諡(おくりな)で呼ばれることを拒否し自分を1代目皇帝と呼ばせ子孫に永劫に帝国を継がせようとしたという意味だったという話である。