すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

悪人

実際に読んだのは電子書籍によってである。文庫も出ているが電子書籍版はさらに安い。今日の朝日の読書欄に佐野眞一が引用しているが電子書籍の欠点は今どこまで読んだかわからない点である。ページという概念がない(少なくとも私が読んだものはそうだった)これを私の言い方にすれば読み終えたときにこの本(物理的な)を読み終えたのだという達成感がないとなる。本の内容としての評価は高かったのに。佐木隆三の「復讐するは我にあり 」に似ていると思いながら読み始めた。九州はフォーク歌手が多かったり青春小説の舞台としてふさわしいなあと感じながら読み進めた。風俗的には現代小説だが内容は若き日のアランドロンほかに代表される青年の犯罪小説だ。映画化にふさわしい(見ていない)。