すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

河北新報のいちばん長い日

宮城県を中心とした東北の地方紙である河北新報の東日本大震災下における新聞報道を描いたドキュメントなのだがそれは当然ながら同時に東日本大震災そのもののドキュメントであり一気に読んだ。世間の関心は福島の原発事故に移ってしまっていて復興はいまだながら確かに地震そのものは終わったことではある。だが2万人が亡くなった日本の近代史に残る大震災だったのだ。日本人として東北でなにがあったかを知るのは義務に近いだろう。証言者として河北新報は最適だろう。