すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

日本の聖なる石を訪ねて

流行の聖地巡礼の本。普通は神社ということになるのだがこの場合は信仰の対象になるような石のことである。巨石、奇岩の類である。範囲をどうするかという問題もありなかなか難しい。しかし石に対する信仰があるのはまた確かなことである。最初に宗教学者の鎌田東二氏との対談があって導入になっている。構成はカラー口絵、対談、本文、リストなのだが相互の関係が重複があったりページの参照がなかったりでやや難がある。図書館で借りたのだがかねがねこの手の本は旅行ガイドとして持っていたいと思っていた。しかしそれならもっと写真や地図、ルート情報が完備した本がよさそうである。同じ著者であった気がする。まあ入門書としてはいい本だと思った。