すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

PK

6年ぶりの伊坂幸太郎作品。あいかわらずよくわからない作品。ファンには理解できるのだろうか。しかし今まで読んだ伊坂幸太郎作品の中では一番普通の作品だった。長篇が多い彼の作品にはめずらしく連作。しかし相互に関係がありそうでなさそうなところはやはり著者独自の世界。「PK」「超人」「密使」。初めて彼の本を読むには最適かもしれない。SFファンなら好きになりそう。