すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

夜明け遠き街よ

ベテラン、ハードボイルド作家によるバブル期の札幌ススキノを舞台にしたキャバレー勤務の黒服を主人公にした連作。似たような作家に矢作俊彦がいるがこちらの作品はハードボイルドといっても金銭が絡む事件で殺人事件は最後の表題作のみ。面白かった。どうして最近の作家はこういうクールな作品を書こうとしないのだろう。残念なのは連作でありながら最後でそれまで登場した人物が皆、繋がってくるとはならなかった点。逆にいえば続編がありえそう。やはりハードボイルドとはいえ最後は大立ち回り、つまりクライマックスが欲しい。