すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

プラチナデータ

東野圭吾は理科系出身の作家だ。だから「探偵ガリレオ」シリーズがあったりするが実はガリレオは私は評価しない。「白夜行」「秘密」「手紙」「変身」「新参者」と漢字のタイトル作品が好きだ。その点「プラチナデータ」はダメ。DNAを捜査に活用するという構想はいい。だが展開はいただけない。筆力があるから最後まで読ませるがいろいろな点で中途半端。新作すべて傑作というのはもっと数を減らさないとい無理だろう。