すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

ことり

いつのまにか、小川洋子作品も5冊目となった。普通、これだけ読むと結構、強く作家の印象が記憶されるのだが、この人の印象は、あまり強くない。そういう作風なのだろう。「ことり」は岡ノ谷一夫への謝辞もあって「博士の愛した数式」の言語学版かと思って読んでいたが読後に感じたのは橋本治の「巡礼」と似たものだった。気難しいというのか生きるのが不器用な一人暮らしの男というのはいるものである。そんな男の愛したものが「ことり」だったという話だと理解した。つまり主人公兄弟の兄は「博士」であり、こちらのテーマは言語の不思議といったものだが、展開を期待していたら、それがなく、弟の話になって、兄から弟へ現代におけるコミュニケーションの困難さという主題を引き取りながら、独居老人という、これまた、現代の重要なテーマに移行したのだと思う。