すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

土蛍

「猿若町捕物帳」シリーズの5冊目らしい。読むのは初めて。少ない知識で言うのだが、同じ著者だから当たり前でもあるのだが、「ビストロ・パ・マル」シリーズと似た心地良いミステリーだった。謎解きは人の心の不思議さ。だから推理小説としては本格派とはいえないだろう。読書の楽しみは何も犯人探しばかりではない。同心・玉島千蔭は決して快刀乱麻というわけではない。よくある刑事物のように足で解決するタイプの探偵だ。芝居町を舞台にしたのは著者が歌舞伎好きだかららしい。