すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

日本を捨てた男たち

第9回(2011年)開高健ノンフィクション賞受賞作。フィリピーナのために移住した男たちは貧困生活をおくっていた。しかし大使館は援助しない。彼らを援助しているのはフィリピンの貧しい人たちだった。著者はそれをクリスチャンの隣人愛によるものとしている。私は貧しいほど助けあいの気持ちが生まれるせいだと思うが。それはともかく彼らはお金がないから帰れないのだがもうひとつの理由は日本の生活よりフィリピンの生活がましだと思っているからだという。それを著者は日本を「捨てた」とタイトルで表現している。実は著者もまた若いときにタイであやうく日本を「捨てそう」になったのだった。だが彼には「捨てられない」日本があった。「捨てた」彼らにはそれがなかった。だからこの本の文体は冷静である。興味本位のあやしい連中の転落譚とはしない。彼らの言うことの裏をとる。著者の本業は「日刊マニラ新聞社」の事件担当の記者なのである。それでも彼らの悲しみは伝わる。そしてそんな彼らをうらやむ自分がいる。