すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

未来国家ブータン

高野秀行の「アジア未知動物紀行」の感想を「紀行文学の傑作だといっていい」と書いた。本書はさらにいい。ないしろ「ブータン政府公認プロジェクトで雪男探し」なのだ。「伝統的知識」と呼ばれる例えば伝承された薬草に新薬開発の成分となる可能性があったりすることの調査が建前なのだがブータン奥地に雪男を探すのが本当の目的というまさにこの著者でしか考えられない探検記である。そして目的の方は本音も建前もちっともうまくいかないのだが実はそれがこの本の欠点になっていない。ではなにがこの本のいいところか。ずばりブータンという国の本音と建前である。国民総幸福量で有名なブータンはまさに理想郷だった。しかし理想郷にも必ず影の部分はある。どちらにしても著者は説得力がある実例を提示する。人は旅行するとどうしても一方的な感想を持って帰る。すばらしい国だった。最低の国だったと。だが著者にはどんなひどい場所にも住んでる人にとってはそこが生活の場所であることをちゃんと理解している。反面この本のように旅行先の魅力的な面は正当な評価をする。要するにとてもピュアな精神の持ち主だと思えるのだ。