すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

天皇の代理人

なんか昔の小説を読んでいるようだった。時代設定の話ではない。第二次世界大戦が舞台の諜報活動というのはよっぽどリアルに描くかいっそとんでもな話でないと今時流行らないのでは。そもそも「外交秘史」といのは難しい。どこまで事実か普通はあたりまえだが知られていない。だからリアルかどうか評価のしようがないのだ。タイトルの意味は最後に明かされるがタイトルにしたのだから意外性はない。最初から明かしたっていよかったのでは。その方が人物設定としても面白い。最後に書かれても驚くというより後味が悪くなった。それこそこれを有難がる感覚は古い。ただ表紙がこういう感想を抱いた理由のような気もする。著者は別に「書物狩人」シリーズなる小説も書いている。これもブックハンターの方がよかった気もしないではないが私が無知で書物狩人なければいけなかったのかも知れない。なにしろ読んでいないのだから。「書物」とタイトルにあるだけで食指が動く方なのだが。