すべての好奇心をレビューする――「ホンスミ!」

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを

矢作俊彦がやってくれた。伝説のテレビドラマ『傷だらけの天使』の後日談。とは言いながら近作「あ・じゃ・ぱん」「ららら科學の子」や「ロング・グッドバイ」と似たものがあるのは著者が同じだから当然。いわば矢作版『傷だらけの天使』である。テレビでは萩原健一が演じた修は今やホームレス。水谷豊が演じた亨を死なせてしまったことがトラウマになっている。修が住む?公園は東東京市にあるという設定からおかしい。その市役所職員と不良少女と修の三人組が活躍する新宿周辺を舞台としたアクションものなのだが都知事やIT企業の天才経営者、ヤクザ、ペルー人の自動車窃盗団入り乱れて繰広げられるバーチャルとリアルな二つの世界を舞台として疾走感抜群のエンターテイメントになっている。色々な意味で今年最大の話題作ではないだろうか。